妊娠中の運動にマタニティヨガはおすすめ!リラックス効果も!

私がマタニティヨガに興味を持ったきっかけは、妊婦向けの雑誌やインターネットのサイトで目にすることが多く、マタニティヨガが出産に向けて体を柔軟にすることで安産につながったり、リラックス効果があったりと、妊婦にうれしい効果がたくさんあることを知ったからです。

私自身、体が固いこともあり、出産に向けて少しでも体が柔らかくなればと思い、マタニティヨガをやってみることにしました。

また、妊娠中は無理をしないようにと家にこもりがちだったので、通うことで気分転換もできストレス発散にもなるのではと思い、DVDを見ながら自宅で、ではなくヨガスタジオに通うことにしました。

やってみてまず、決して激しい動きではないのにしっかり汗をかくことができて、いい運動になるということに驚きました。

妊娠中はあまり体を動かさなくなっていましたが、出産に向けての体力作りがこのヨガでできると思いました。

また体のどの部分の筋肉を使っているのか、その動きが出産、産後にどのような効果があるのか説明してもらえるので、そこを意識して体を動かすこともできました。

また、目をつぶり深く呼吸をすることでお腹の中の赤ちゃんをより感じることができるよう、インストラクターの方が声掛けをされていたのもマタニティヨガならではだと思います。

私の場合、ヨガをするとお腹の中で赤ちゃんもよく動いていたので、赤ちゃんも心地よかったのかもしれません。

里帰りをした関係で、ヨガスタジオに通ったのは妊娠5〜7ヶ月の2ヶ月だけでしたが、里帰りしたあとも自宅で覚えたヨガの動きを毎日繰り返していました。

そのお陰で、日に日に重くなるお腹を支える腰や足をほぐし、こりや痛みをやわらげることができましたし、出産のときの鼻から吸って口から長くゆっくり吐き出す、という呼吸がヨガの呼吸と同じだったので、その呼吸法のよい練習にもなりました。

毎日続けることで固かった体も、徐々に柔らかく、特に股関節が柔らかくなったように感じました。

また、ヨガをしているときはリラックスでき、赤ちゃんの成長や出産への不安や心配な気持ちを和らげ、穏やかな気持ちになることもできました。

私にとっては肉体的にも精神的にもよい効果のあったマタニティヨガでした。

ぜひ妊娠中の方に、特に私のように体の固い方、マタニティヨガをおすすめしたいです。

手軽に楽しめる「DVDつき 安産マタニティ・ヨガ」

 

安定期に入り体型維持とリフレッシュ効果を期待してヨガをやろうかと考えていたのですが、スタジオに行くのはお金も時間も掛かり面倒でした。どうしようかと思っていた時に、DVDでも出来ると友人から聞いたので試してみる事にしたのです。

私が試したのは「DVDつき 安産マタニティ・ヨガ」という、本にDVDがついたタイプの物です。口コミで本の写真も見やすくDVDの説明もとても分かりやすいと書かれていた為、初心者の自分でも出来るかと思い購入しました。試した時の年齢は28歳の時で、期間は妊娠5ヵ月を過ぎた頃から出産間近までほぼ毎日やっていました。

「DVDつき 安産マタニティ・ヨガ」の良かった点はコースが色々分かれていて、その日の体調によって自由に選びヨガが行える事です。更に本の写真がキレイで非常に分かりやすかったので、DVDを再生できない環境でも問題なくヨガをやる事ができました。

ただDVDを再生すると音声と映像が若干ずれている箇所があり、そこは少し気になりました。ヨガを寝る前に行うようにしてからは寝つきも良くなり朝までぐっすり眠れるようになったので内容的にはとても満足していますし、近くにマタニティーヨガスクールが無い人にはオススメの商品だと思います。音楽や説明の声もとても聴きやすく優しい声なので、ストレスが溜まっている方もリラックスできるのではないかと感じました。

太りすぎは禁物! 妊娠中のスポーツ選びのコツ

 

私はフランスに住む30代後半の女性で、32歳の時に初めての出産を経験しました。

子供を作ると決めてから、半年ぐらい妊活を続けて子供を授かることができましたが、フランスは出産大国ですので、妊娠・出産そして不妊治療については日本よりも医療技術が進んでいると思います。そんな私ですが、妊婦生活はなかなか大変だったのですが、そのひとつ、スポーツのエピソードをご紹介します。

海外で妊娠・出産なんていうと、素敵~!と言われがちですが、私の妊婦生活は本当に大変でした!

日本のように先生から体重管理について厳しく指導されないので、自分で気をつけないとどんどん太ります。

私は妊娠6カ月の時は既に9キロ太って、日本へ一時帰国した際に検診を受けたら「痩せるように」指導されました。汗

妊娠中にダイエット?不思議に思っていると、いろんなスポーツがあるんですね。

これを機会にダイエットに励むことになったのです。

まずはマタニティヨガ。これならフランスへ帰っても続けられると思ったし、お腹の張りやリラックス効果があって生まれてくる子供が安定すると聞いたことがあります。

既に妊娠6カ月でお腹(そのほかも)が重くてたまらなかったので、ヨガのポーズはそれほど難しいものではないにせよ、終われば汗が少しでています。

先生がヨガをすることで出産も楽になるのよ、というのでびっくり!

8ヶ月を迎えた私の赤ちゃんは更に大きくなるスピードを上げていて、これ以上大きいと出産が大変になるので帝王切開になるかもと聞かされていたので、先生の言葉を信じてヨガにウォーキングを加えた所、結果的には少し早い出産にはなりましたが、普通分娩ですみました。

妊娠中にチャレンジしたマタニティヨガでリラックス

 

20代後半で初めての妊娠をした時に、周りではマタニティスイミングに通っているママ友がいました。スイミングは月謝も高いので、自宅で手軽に出来て良い運動になることはないかなと調べていた時に、マタニティヨガのDVDを見つけました。DVDならいつでも手軽に出来て良いなと、夜寝る前にDVDを観ながら体操をしていました。

ヨガ自体が初体験

ヨガ自体が初体験でしたが、動きがスローなので初心者でもそれ程難しくはありません。意外と大きなお腹でも出来る体操があるのだなと感じました。妊娠3ヶ月頃から臨月までしていましたが、天気が悪くて散歩に行けない日の運動不足解消にぴったりでした。ヨガはゆったりとした動きですが、リラックスして呼吸を意識しながら行うことで、出産本番のイメージトレーニングにもなりました。

陣痛を乗り切るのに役に立ちました

運動不足のために始めたのですが、いざ陣痛が来た時にも少し落ち着いて挑むことが出来たように思います。特にヨガの呼吸法はリラックスして陣痛を乗り切るのに役に立ちました。産後もヨガだと早い時期から出来ますので、体型戻しにも役に立ちました。面白い格好をしたりもするので夫がいる前では恥ずかしくって出来ませんでしたが、何度もやるうちに覚えてしまったので暇な時は昼間にもしていました。