マタニティライフと出産本番に役立つマタニティヨガ

 

※参考にしたもの

マタニティ・ヨガ安産ボディ養成プログラムDisc2 マタニティ・ヨガ安産ボディ養成プログラムDisc3(ともにyoutubeより) 野崎クリニック内マタニティヨガクラス ダンススタジオSXIP

わたしがマタニティヨガをはじめようと思ったきっかけは、妊活中から週に1回のヨガに通っていたからです。もともとからだはやわらかいほうでしたが、35歳をすぎてから下半身のむくみやつかれがとれにくく、なんとなくの不調が続きていたので気持ちもリフレッシュできたらとヨガをはじめました。

すこし長めの1時間30分というレッスンではありましたが、はじめの30分ぐらいは呼吸の確認や瞑想、足つぼなど体調の確認からはじまり、それからヨガのポーズ、最後にまた瞑想とゆったりとしたプログラムだったのであっという間でした。終わった後は体の筋がすっきり伸びた感じがして、自分でもびっくりするぐらいの利尿作用があり、からだにたまっていた毒素が出ていったんだなとうれしくなりました。それから3か月ほどで妊娠し、しばらくの安静期間を経てクリニック内のヨガ教室の体験へ行きました。

この教室は初回無料とのことでとてもはじめやすかったです。安定期に入るまでは体を無理させないよういたわって生活していたので、予想以上に大きな伸びをするマタニティ期のヨガポーズにびっくりしました。これならおうちでも気兼ねなくできるのではと、それからはレッスンに通うのではなく、毎日のルーティンにしようとYOUTUBEの動画をみて自宅でマタニティヨガをはじめました。

マタニティ・ヨガ安産ボディ養成プログラムは元助産師の方がコーチとなってすすめる動画のため、一人でも安心してはじめられるヨガでした。陣痛時を想定したイメジェリーや産婦人科医によるヨガの勧めインタビューも組み込まれていて、為にもなる動画となっています。

特に気に入っているのは呼吸法と股関節へのアプローチです。ヨガの呼吸法は陣痛時の痛みのがしにとても役に立ちました。痛いときはどうしても顔をしかめ、呼吸が荒くなったり声をあげがちになりますが、ヨガで行うゆっくりとした大きな呼吸を意識することで痛みから解放されつらい陣痛にも耐えられたと思います。また、分娩台にあがってからの力みで股をひろげての体勢でしたが、日頃から股関節を柔軟にしていたため力みに全集中でき、満足できる出産となりました。

 初産の方は特に出産はこわい、たえられない痛さだというイメージがあるかと思います。そういった方はぜひ出産準備にマタニティ・ヨガを行うことをおすすめします。

腰痛持ちでしたが、妊娠中腰痛なしで過ごせました

 

ヨガ教室に通ったきっかけは、腰痛持ちだったからです。

私は、10代後半から腰痛がでると、靴下がはけない状態になる事があったので、

妊娠できた時に、腰痛がでないよう、つわりが軽くなった5ヶ月目、

安定期に入ってから病院のヨガ教室に通い始めました。

妊活歴8年目、41歳の時の事です。

一度しかないかもしれない妊娠期間を、じっくり感じ・楽しみ・満喫したいと心から思っていました。

ヨガ教室に通い始めた頃は、若い妊婦さんも多いしなじめるか不安がありました。

初めて顔を合わす方と、ペアになってする体勢もあり、

緊張と気疲れで、初めは気持ちがしんどくなりました。

でも、自分とお腹の赤ちゃんの為に頑張って通いました。

4回くらい通うと、顔見知りの方もでてきて少し心も穏やかに過ごせました。

体を動かした後、しんどさ・心地よい眠り・起きた時のスッキリ感があり体が動きやすくなりました。

月に3回でしたが、妊娠期間中の後半は通う事が楽しみになりました。

初めに心配していたより、年齢が高めの方もおられたので

今の時代らしいなとも思います。

ここで、お友達ができ妊娠を一緒に楽しみました。

お茶をしながら、赤ちゃんの成長ぶりをお互い報告したり、

準備する物の情報交換や、夫婦間での不満を受け止めあったり。

お陰様で、腰痛が一度も起こらず出産までたどり着けました。

身体も心もマタニティヨガのお蔭で、快適に過ごせました。

少し厳しめのサバサバした先生でしたが、

色んなアドバイスを下さり、妊婦さんを大切に思って下さっている事を感じました。

素敵な先生にに出会えて、本当に良かった思いました。

ヨガを取り入れている病院とヨガの先生に感謝の気持ちで一杯です。

最後に、出産する病院だったので、ヨガ終了後に

横になってお腹に特殊なマイクを当て、赤ちゃんの心音を毎回聞かせてもらえました。

豪華な食事やサービスはないけれど、出産費用も高額ではなくヨガ教室もあり

私には大満足の病院でした!

すっきり気持ちいい、マタニティヨガ始めました

 

現在27歳の妊婦です。妊娠して5か月が経ち、ようやく辛かった悪阻も治まって安定期に入りました。

悪阻の時期は常に気分が悪く、2か月ほどずっと自宅で過ごしていました。悪阻は治まったものの、しばらく動いていなかったせいで体力が落ちてしまい、ちょっと買い物に行くだけでグッと疲れてしまいます。出産に向けてこのままではマズいと感じ、「何か妊婦でも出来る運動を」と思ってネットで検索、自宅近くでやっているマタニティヨガを見つけ、参加してきました。

元々体が非常にかたい私。さらにしばらく全く運動していなかったので、ヨガについていけるか不安でした。

教室に入ると、お腹の大きい妊婦さんも居て4人でのレッスンでした。

まずはリラックスして呼吸を整えることから始まります。普段は意識して呼吸することがないので、こんなにゆっくりと呼吸をするのは久しぶりでした。先生の声掛けに合わせてゆっくりと呼吸をしていると、それだけで全身が温まってきます。こうして意識して呼吸することは出産の時にも役に立つそう。時間をかけて様々な呼吸法を教えてもらいました。

次に体のストレッチを行います。首や肩、腰までじっくりと伸ばしていくので、とても気持ちがいい。「あぁ体、全然使ってなかったな」と改めて実感します。とてもゆっくりと行ってくれるので妊婦でも問題なく行えて、すっきりしました。

途中で骨盤底筋を鍛える簡単なスクワットも行いました。決して必死にやるのではなく、じっくりと鍛えていく感じです。なるべく毎日続けてくださいとのことで、これから自宅でもやってみようと思っています。

一通り終わると、最後は横になって、全身の力を抜いてリラックス。お腹の子どもに耳を傾けながら、時間を過ごしました。

決して激しく動いた訳ではないのに、軽く汗をかいて気持ちが良かったです。ヨガの途中で先生が妊娠中の注意点や過ごし方のコツなどを教えてくれるので、とっても勉強になりました。他の妊婦さんとも話せて、楽しい時間を過ごせました。

またゆっくりと自分の体と向き合う時間が取れたのも、貴重な経験でよかったです。家でも出来るストレッチなどが多かったので、自宅で続けてみようと思っています。

安定期に入って経過の問題がない妊婦さんならだれでも参加出来るそう。マタニティヨガ、運動したいと思っている妊婦さんには是非お勧めです。

妊娠中にママ友と一緒にヨガ教室に通いました

 

母親教室で知り合ったママ友と一緒にヨガをしようかという話になり、当時仕事もしていなく時間もあったので始めました。一人目を妊娠中の30歳のときにやりました。安定期の6~8か月くらいの3か月やりました。

妊活歴は6か月です。ヨガは呼吸を整えながら体を柔らかくしていくというものなので、代謝が良くなる冷え性の人にオススメです。生理不順なひとにも体が暖まることで、生理周期が整うのでよいです。あと、ヨガはやることによりリラックスもできるので、仕事をしていてストレスがある人や、子育てをしていて疲れている人にオススメです。

妊娠中はどうしても家にこもりがちになるので、気分転換によかったです。産院のヨガ教室なので、妊婦ばかりで期を使わずよかったです。ヨガマットも無料でかしてもらえました。ヨガをする事により、ゆったりとした気持ちで出産に望めました。ダメだった所は、里帰りの為、病院を代わってしまったので、数回しか通えなかった事です。出産ギリギリまで通いたかたです。

ヨガを初めて、こんなに簡単にヨガができるなんて思ってなかったです。リラックスの呼吸を教えてもらえてよかったです。子育てが始まるとなかなか自分に費やす時間がなくなるので、出産前のヨガはオススメです。